BSIでのセキュリティレビュー結果が公開されました

ドイツの連邦政府においてコンピュータと通信のセキュリティ担当部門であるBSIは、昨年からOPC UA(IEC62541)の検証をしていました。そして数カ月の検証を経て、現在ドイツで行われているハノーバーメッセ(国際産業技術見本市)で検証結果を公開されました。

BSIでは、OPC UA v1.02を対象に検証を行い、文章上の指摘を挙げていますが、技術的に「重大な脆弱性はない」と公表しています。

またハノーバーメッセでMicrosoftは、OPC Foundatioとより緊密に協力していく計画も発表しています。

記事本文は、こちらをご参照ください。

BSIのホームページで公表している内容は、こちらをご参照ください。

BSIからOPC Foundationへ提出されたレポートはこちらをご参照ください。