工業用IoT技術

OPC UAとは

OPC Classicの登場

OPC Classic が登場する前

プラットフォームが異なる機器間でのデータ通信・共有はとても大変です。独自にプログラムを作成する必要があります

OPC Classic が登場する前

OPC Classic 登場

独自プログラムを作ることなく統一規格で相互接続が可能です。やりたいことに集中できます。

OPC Classic 登場

OPC(OPC Classic)は1996年に米ハネウェル、独シーメンス、米マイクロソフトによって策定された異なるメーカーや機器間にてデータ送受信を行うためのプロセス通信規格です。マイクロソフトのCOM/DCOM技術を利用したもので、Windows環境で動作することを前提に作られた規格です。もともと、プラントや工場などのコントローラ制御で相互運用を行うために考えられた仕様です。

OPC UAの誕生

市場の要求の高まり(2000年代~)

  • アプリケーションの高機能化
  • 全体最適化
  • 多重化機能
  • 利用シーンの拡大(オートメーション分野から他業種業態)
  • 常に進歩する脅威に対するセキュリティ要求の高まり
  • Windows環境でしか動かないことへのジレンマ
OPC UA

OPC UAの必要性

理由は2つの重要インシデント発生とIoT化

2010年 イランの核施設への「Stuxnet」によるサイバー攻撃発生

概要:シーメンス社製のPLCを標的
被害:8,400台もの遠心分離機が乗っ取られすべて稼働不能におちいった

2016年 ウクライナの電力施設への「Crash Override」によるサイバー攻撃発生

概要:大停電を引き起こしたマルウェア
被害:ウクライナの首都キエフ北部で約1時間15分にわたる停電が発生し、数万人の住人が真っ暗な夜を経験した

OPC UAの概要

OPC UAのイメージ

OPC UAは土管をイメージ

OPC UAはHow(安全につなげる方法)を定義しているだけでWhat(なにを?)をつなげるかは、ユーザが自由に定義できます

情報モデルによって、異なるプラットフォーム・アプリケーション間で交換されるデータを定義します

OPC UA

OPC UAのセキュリティ

OPC UAは土管をイメージ

OPC UAはインダストリー4.0推奨のドイツにある連邦情報セキュリティ局(BSI)と、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)によるセキュリティ評価を受けており、その安全性は客観的にも高い評価を得ています。また任官の大手セキュリティ関連各社もOPC UAの評価を実施しています。

セキュリティ(セキュア通信)

OPC UAのスケーラビリティ

スケーラビリティ(標準化/データ交換性/プラットフォーム非依存)

スケーラビリティ(標準化/データ交換性/プラットフォーム非依存)

※2018/11 OPC Foundationは OPC UA TSNでフィールドレベルまで拡大し、産業オートメーションまで普及を進めていくと発表しました

OPC UAの発展

インダストリー4.0を実現、あるいは実装していく中での最大の課題が「標準化」でした。特に産業用機器は独自の規格で通信するケースが多く、さらにそれをITシステム、たとえば基幹システム(ERP)などと連携させることが難しかったです。それらを解決できる、汎用的で柔軟性の高いOPC UAがIoT時代の中心的な通信プロトコルとして採用され、OPC UA関連製品が世界中で爆発的に増えてきています。

OPC UAならば世界の標準になりつつあるので個別対応が不要

認知・推奨団体の増加

Industrie4.0
OPC UAは当たり前の時代へ

OPC UAの将来

みなさまの現場であるOT世界だけでなく、いままで繋がったことのない領域・製品とのデータ共有やデータ連携ができるようになり、新しいモノ・サービスも創造されていきます。

OPC UAの将来